Skip to page content
Secretary of Labor Thomas E. Perez
Bookmark and Share

News Release

WHD News Release: [08/22/2011]
Contact Name: Deanne Amaden or José A. Carnevali
Phone Number: (415) 625-2630 or x2631
Release Number: 11-1174-SAN

レストラングループは、米国労働調査課に従い南部労働者66人に過去の賃金約$145,000支払う

ロスアンジェルス―ロスアンジェルスにある日本レストラングループは、連邦公正労働基準法の労働外時間、最低限賃金と記録保管規定の組織的違反行為を発表したアメリカ労働省賃金時間部地区による調査に従い、従業員66人に$144,721の過去の賃金を支払うことに同意しました。 違反行為は、モンテレーパーク、コビーナ、アルカディア、コスタメサとダウンタウンロスアンジェルスにあるBishamonグループレストランの7つの場所で見つかりました。 雇用者は、恵比須ジャパンタベルン, 多門, 毘沙門, 弁当屋と大国屋の名前を使用して経営している。

インタビューや賃金支払帳とタイムシートの再検討を通して、調査員により、食器洗い人、予備料理人、料理人が平均週45から50時間働いており、公正労働基準法のもと、必要とされる全時間外労働時間の基本賃金の1時間半分というより、全時間を「標準労働時間」の賃金が支払われていたことがわかりました。 従業員は、定時勤務について給与支払小切手が発行され、その時間外労働時間の標準労働時間で現金で支払われていました。 調査員により、一人の労働者が最終給与支払小切手が発行されていないこともわかりました。

労働省賃金時間部地区は、EMPLEO として知られる雇用共育奉仕運動パートナシップに参加することでレストラン実務を知ることとなった。 7年目である今、EMPLEO は、スペイン語を話す労働者と労働関係に懸念のある雇用者を手助けする組織と政府機関との提携にあります。 EMPLEO無料通話ヘルプライン877-55-AYUDA (552-9832) は、支援に関する発信者が EMPLEO パートナーに問い合わせする、San Bernardinoのカトリックチャリティーセンター教区とロスアンジェルスメキシコ総領事館から訓練を受けたボランティアにより配属されています。

また、レストラングループは、正しい時間外労働賃金率を具体化する適当な時間記録システムを迅速に実行することで、FLSAと順守することを同意しました。

「この調査結果は、EMPLEOが役割を果たすコミュニティへの影響同様に、労働省が労働者全員が法的に与えられた支払を受けるという公約を明示します」と地区西支社の役人を務めるPatricia Davidsonが述べました。 「この場合、一人の労働者の声が、他低賃金従業者65人に、彼らが働いた時間外労働時間への全額支払いを受けるよう手伝いました。」

FLSAは、守られた従業員は、全労働時間に対して$7.25の連邦最低限賃金に、週40時間を超えて労働した時間に対して標準時給の1時間半分を加えて少なくとも支払われることを要求します。 また、法律は雇用者が正確な時間と賃金支払帳を維持することを要請し、法律のもと権利を駆使する従業員に対する報復を禁止します。

FLSAに関する詳しい情報に関しては、賃金時間部地区の通話料無料ヘルプライン866-4US-WAGE (487-9243)、またはロスアンジェルス支社(213-894-6375)にお電話ください。情報は http://www.dol.gov/whd/ でインターネットでも閲覧できます。