Skip to page content
Secretary of Labor Thomas E. Perez
Bookmark and Share

News Release

OFCCP News Release: [11/17/2011]
Contact Name: Deanne Amaden or Josť Carnevali
Phone Number: (415) 625-2630 or x2631
Release Number: 11-1642-SAN

西本貿易株式会社、米労働省による性差別の申し立てに対し、71名の女性と40万ドルの和解が成立

カリフォルニア州サンタフェスプリングズ支部で雇用拒否された女性に未払賃金と雇用機会を提供

ロサンゼルス発 — 米労働省連邦契約履行プログラム局(OFCCP)は、連邦契約業者西本貿易株式会社と雇用差別の事実について合意に達した。同省との和解に基づき西本貿易は、カリフォルニア州サンタフェ

スプリングズの同社支部において販売職採用を拒否された71名の女性に対し、未払賃金と利子として総額40万ドルを支払う。

「米国政府と取引する企業は、米国の法律を順守しなければならない。」と労働省長官ヒルダ L. ソリス氏は述べた。「労働省では、就職のために公平に競争できる権利を女性に保証するため、西本貿易との公正な和解に達したことを喜んでいる。」

OFCCPのロサンゼルス支部が同社のサンタフェスプリングズ施設で実施したコンプライアンス調査によると、同社は行政命令11246で義務付けられている、有資格の求職者に対する性別を問わない平等な雇用機会を提供しなかったと判断された。和解条件の下、西本貿易は初回の訴訟を起こした14名の女性のために販売職の採用を拡大する。同社はまた、人事採用に関わる社員の研修改善にも合意した。さらに、広範に亘る自己監視対策を実施することにより、すべての雇用慣行において完全に法律を順守し、差別的な慣習を即座に正さなければならない。

東京を本拠とする西本貿易は、ジョージア州アトランタ、イリノイ州シカゴ、テキサス州ダラス、コロラド州デンバー、ハワイ州ホノルル、ネバダ州ラスベガス、フロリダ州ミラマー、アリゾナ州フェニックス、カリフォルニア州サンディエゴとサンフランシスコ、ワシントン州シアトル、ニュージャージー州カールスタッド、メリーランド州エルクリッジに支部を置いている。同社はアジア系食品を軍基地内の売店で販売する、米国防総省との総額120万ドルの契約を交わしている。

OFCCPは、行政命令11246に加え、1973年の更生法/Rehabilitation Act 第503条、およびベトナム戦争時代の1974年退役軍人復帰支援法施行の義務を負っている。これら3法の改正法は、連邦政府と取引を

するあらゆる受託業者および下請業者が、性別、人種、肌の色、宗教、出身国、障害、保護されている 退役軍人としての地位を基に雇用差別をしないという、公平で理にかなう基準に従うことを義務付けている。

一般情報についてはOFCCPのフリーダイヤル・ヘルプライン800-397-6251にお電話いただくか、ウェブサイトhttp://www.dol.gov/ofccpをご覧ください。

  • Read this news release in English.